• 展覧会・講演会
  • 利用案内
  • 静嘉堂について
  • 所蔵品紹介
  • 出版物
  • リンク集

重文 青磁牡丹唐草文深鉢(青磁浮牡丹太鼓胴水指) - 龍泉窯 南宋~元時代(13~14世紀)

大坂の豪商・鴻池家に伝来した「太鼓胴水指」として名高い、龍泉窯砧手の深鉢。蓋身ともに完形の作品であることも珍しく、ことに鉢内部の青磁釉の美しさは格別である。釉下には、型抜きで丁寧に作られた牡丹の花や葉が、捩り土による蔓の上下に配され、俗に「浮牡丹」と呼ばれる意匠となっている。蓋の摘みは花の蘂を象った丁寧な作りである。おそらく使用の際の補強や、蓋幅を広げる意図もあってか、周縁部には銀の覆輪が付けられている。

陶磁一覧に戻る