• 展覧会・講演会
  • 利用案内
  • 静嘉堂について
  • 所蔵品紹介
  • 出版物
  • リンク集

紫泥茶銚 「萬豊順記」銘 - 宜興窯  清時代(18世紀)

胎土は緻密な紫泥でやわらかな光沢をもち、把手およびその付近に黒く変色した部分がある。胴部は宝珠式と呼ばれるもの。銅の張りがおだやかで、そこから蓋へと曲線がなめらかにつながり、注口・把手・鈕ともども均整のとれた端正な姿を呈している。底面は、畳付を細く残してくぼみ、内圏に「萬豊順記」の鮮明な刻印がある。「萬豊順記」銘の茶銚は、倶輪珠茶銚と並び煎茶家の間で最も賞玩される。箱書は山本竹雲で、蓋表に篆書で「萬豊順記茶注」と記している。

陶磁一覧に戻る