• 展覧会・講演会
  • 利用案内
  • 静嘉堂について
  • 所蔵品紹介
  • 出版物
  • リンク集

重文 橋本雅邦筆 龍虎図屏風 絹本著色 六曲一双[上:龍図 下:虎図]- 明治28年(1895)

橋本雅邦(1835~1908)は、近代日本画を代表する大家。吹き荒れる風雨と雷光の中、二頭の龍が勢いよくあらわれる。虎の咆哮までも響き渡るようなダイナミックな画面と色彩感覚は、伝統的な龍虎図とは一線を画すものといえる。その斬新さから、当時は腰抜けの虎などと酷評され物議をかもしたが、昭和30年(1955)、明治期の日本画革新の記念碑的作例として、近代絵画で初めての重要文化財に指定された。明治28年(1895)開催の第四回内国勧業博覧会に、岩﨑彌之助の援助によって出品された雅邦の代表作である。

近代美術一覧に戻る