• 展覧会・講演会
  • 利用案内
  • 静嘉堂について
  • 所蔵品紹介
  • 出版物
  • リンク集
  • 開催中の展覧会・講演会
  • 展示作品の紹介
  • 次回の展覧会・講演会
  • 年間スケジュール
  • これまでの展覧会

入門 墨の美術 ―古写経・古筆・水墨画― The Diversity of Ink Arts — Sutras, Ink Paintings and Calligraphy

[会期] 2019年8月31日(土)~10月14日(月・祝) [休館日]毎週月曜日 (ただし9月16日・9月23日・10月14日は開館)、9月17日(火)、9月24日(火)

奈良時代には仏教の広がりとともに、国家事業としても写経が盛んに行われ、それは明確な役割分担をした写経所のスタッフが担いました。平安時代、貴族は手習い(=習字)を大事な教養として学び、その和様の書は美しく装飾した料紙の上に流れるような線で書写されます。鎌倉時代にその萌芽がみられ、室町時代の禅宗文化や唐物の流行を象徴する水墨画は、墨のトーンを巧みに用い、鑑賞者を絵画空間へいざないます。
その時々でさまざまに用いられ、時代の美意識を如実に表現する墨。本展では、「古写経」「古筆」「水墨画」に注目し、静嘉堂所蔵の名品約30点を通して、多彩で奥深いモノクロームの世界をわかりやすく紹介します。

下記より出品目録をご覧いただけます。
出品目録(2.5MB)
ちらしはこちら(464KB)

展示構成

第1章 祈りの墨―古写経― 第2章 雅なる墨―古筆― 第3章 墨に五彩あり―水墨画―

開催概要

会期:2019年8月31日(土)~10月14日(月・祝)
休館日:毎週月曜日(ただし9月16日・9月23日・10月14日は開館)、9月17日(火)、9月24日(火)
開館時間:午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
入館料:一般1,000円、大学生・高校生700円、中学生以下無料 ※20名様以上の団体は200円割引

イベント情報

1.講演会

会場:当館地階講堂
定員:120名
聴講料:無料(ただし、当日の入館券が必要)
申込方法:当日、開館時より整理券配布(1名様につき1枚)

(1)「奈良時代の写経をひもとく」
日時:9月21日(土) 13:30~15:00(開場13:15)
講師:市川理恵氏(東京大学史料編纂所研究支援推進員、駒沢女子大学兼任講師)

(2)「室町時代における水墨描法の確立」
日時:9月29日(日) 13:30~15:00(開場13:15)
講師:相澤正彦氏(成城大学教授)

2.河野元昭館長のおしゃべりトーク

会場:当館地階講堂
定員:120名
聴講料:無料(ただし、当日の入館券が必要)
申込方法:当日、開館時より整理券配布(1名様につき1枚)

「饒舌館長ベストテン―好みの墨絵―」を口演す
日時:9月14日(土) 13:30~15:00(開場13:15)
講師:河野元昭(静嘉堂文庫美術館館長)

3.秋のフルート四重奏コンサート

10月13日(日)午後1時30分開演(要事前予約)

★演奏会情報: 詳細はこちら(PDF)

★プログラム・演奏者紹介: 詳細はこちら(PDF)


4.列品解説(いずれの回も30分程度) ※当日有効の入館券が必要です。

展示内容・作品について担当学芸員が解説します(展示室または講堂にて)。
午前11時~:9月12日(木)、9月26日(木)
午後2時~:10月5日(土)、10月12日(土)