• 展覧会・講演会
  • 利用案内
  • 静嘉堂について
  • 所蔵品紹介
  • 出版物
  • リンク集

お知らせ

「日本刀の華 備前刀」展 会期中の開催イベントについて(随時更新)

2019年4月13日(土)~6月2日(日)開催予定の「日本刀の華 備前刀」展の関連イベントをご紹介します。情報は随時更新いたします。



①講演会 各日午後1時30分~ 地階講堂にて 定員120名
4月21日(日)佐藤寛介氏(東京国立博物館 研究員)「備前刀―その歴史と魅力―」
5月26日(日)吉川永一氏(日本刀剣保存会 幹事)「静嘉堂の備前刀について」

②河野元昭館長のおしゃべりトーク 午後1時30分~ 地階講堂にて 定員120名
5月5日(日)「浦上玉堂―酒仙画家」饒舌館長 口演す

※①②は無料。当日の開館時より整理券配布(1名様につき1枚限定)、整理券の番号順にお入りいただきます。

③職方実演会「日本刀にたずさわる職方の技」(有料・職方の休憩時間以外は随時ご覧いただけます)
5月18日(土) 午前10時~12時、午後1時~午後4時30分 地階講堂にて
実演:水野美行氏(日本刀鞘師)、小澤茂範氏(刀匠)、川上陽一郎氏(研師)
※観覧券(300円)は、当日受付にて販売(入館料別)。
日本刀制作にたずさわる職人たち―職方のうち、刀匠・研師・鞘師をお招きし、刃文を焼く際の「土置き」や刀剣の研磨、鞘のかき入れ(削り出し)など、刀剣制作の工程の一部をご覧いただきます。

④列品解説
午前11時~:4月27日(土)・6月1日(土)
午後2時~:5月9日(木)・5月23日(木)

⑤静嘉堂コンサート 「100万人のクラシックライブ」
 ~ヴァイオリンとピアノの音色をお楽しみください。~
日時:2019年5月11日(土)
時間:午後2時開演(午後1時30分開場)
会場:地下講堂 自由席100名
参加料:1,000円(別途当日の入館券が必要です。)
★要事前予約(当日窓口にてお支払い時に予約番号をお知らせください。)
予約方法:メールまたはTELにてお申込みください。
メール:mousikomi@seikado.or.jp
①お名前 ②ご連絡先 ③参加人数を記入し、お申込みください。
TEL: 03-3700-2250

(プログラム)
 1)サンサーンス ロンドカプリチオーソ
 2)NHK大河ドラマ「真田丸」のテーマ *刀剣展に関連する曲として


(演奏者紹介)
ヴァイオリン:堀脩史

3歳よりヴァイオリンをはじめる。10歳でオーケストラと共演。15歳で米国ミシガン州のインターローケンアーツアカデミーに奨学金を得て留学。マンハッタン音楽院、ニューヨーク大学大学院を経て、マネス音楽院でアーロンローザンドのもとで研鑽を積み、プロフェッショナルディプロマを取得。その後、シカゴシビックオーケストラメンバーや、ニューヨーク州に立ち上げられたオーケストラ・ナウの創設メンバーとして活動。

ピアノ:岩下真麻

熊本県出身。九州交響楽団、ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2017 in Tokyo 特別賞。デイ・サービスセンターや東日本大震災、熊本地震被災地での慰問演奏も積極的におこなっている。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部、同大学大学院修士課程室内楽専攻を修了。
これまでにピアノを竹下千晴、井上直幸、竹内啓子、御木本澄子、浜口奈々、迫昭嘉の各氏に師事。室内楽を迫昭嘉、松原勝也の各氏に師事。

(100万人のクラシックライブとは)
日本では、人口の0.3%しか聴かないと言われているクラシック音楽。クラッシクを聴かない理由は「堅苦しい」「難しい」「眠くなる」「値段が高い」などなどですが、クラシック音楽は人の心を豊かにし、脳のリフレッシュにはとても良いと言われています。
至近距離での音の振動は思っている以上に衝撃的です。100万人のクラッシクライブは至近距離での演奏を安く気軽に聴いてもらうミニライブです。
この活動は「一般財団法人100万人のクラシックライブ」が2015年秋より本格的に開始し、年間400回以上のコンサートを全国様々な場所で開催し、2万2000人以上の方々がコンサートに参加しています。(2018年現在)若手の演奏家に演奏の機会を提供すると同時に、日頃クラシックを聴かない人たちに気軽にクラシック音楽を生で聴いていただくことを目指している非営利活動です。(100万人のクラシックライブHPより)
静嘉堂文庫美術館はこの趣旨に賛同し、今回の企画となりました。
http://1m-cl.com/

※チラシはこちら

⑥静嘉堂ガーデン(ビアガーデン&カフェ)
美術館にビアガーデンとカフェが今年もやってくる(第2弾)!
2019年4月27日(土)~5月6日(月・振替)

昨年ご好評いただきました静嘉堂文庫美術館前庭でのビアガーデンとカフェのイベント「静嘉堂ガーデン」を今年もゴールデンウイーク期間中に開催します。

(開催概要)
閑静な住宅街に佇む静嘉堂文庫美術館の前庭の大きな銀木犀の周りで、同時期に開催する展覧会「日本刀の華 備前刀」(4/13(土)~6/2(日))に合わせて、二子玉川の地ビール(クラフトビール)と美味しいフードやスイーツを楽しんでいただくイベントです。入館券が半額となるお得なセット券も販売します。

日時:2019年4月27日(土)~5月6日(月・振替)
時間:11時~16時30分(雨天中止)
会場:静嘉堂文庫美術館前庭
セット券:1,500円*(入館券500円+飲食券2枚1,000円)
*美術館受付で販売します。通常入館券1,000円のところ500円で入場できます。
飲食料金600円相当×2枚のところ500円×2枚でご提供します。
飲食のみの場合は、別途商品別のお支払いが必要。(例ビール1杯 600円等)
<飲食券1枚で下記メニューより1品お選びいただけます。>
(メニューは一例です。日替わり、変更することがあります。)

◆アルコール&ソフトドリンク
・ふたこビール(フタコエール、ハナミズキホワイトなど3,4種類)
・ビアカクテル(シャンディーガフ、レッドアイ)
・自家製ジンジャーエール、ホットジンジャー、クラマトトマトジュース
・オーガニックワイン
・オーガニックコーヒー、紅茶、ソフトドリンク、世田谷野菜のスープ
(ソフトドリンクは、単品300円~)


◆フード
・洋ランチボックス(サンドイッチ、ポテサラ、かぼちゃサラダ、白身魚等)
・和ランチボックス(ゴハン&から揚げ等)
・おつまみボックス(チーズ、クラッカー、サラミ、牡蠣スモーク等)
・ピザ


スイーツ・スナック
・自家製パウンドケーキ
・マフィン
・濃厚チーズケーキ
・大人のテリーヌショコラ


運営協力
株式会社ふたこ麦麦公社 ふたこビール醸造所(世田谷区玉川)
のうきょうカフェ べジテーブル(世田谷区鎌田)
自然食カフェ Natural Crew ナチュラル クルー(世田谷区玉川)

後援
世田谷区

※チラシはこちら